アプリでもっと理想のフェスに

FESPLIはフェスに必要な機能を全て網羅したハイクオリティなモバイルアプリを低価格、かつ簡単に配信できる公式フェスアプリ制作サービスです。

オーガナイザーが掲げる理想的なフェスの形、オーディエンスが抱く期待や不満。それぞれがフェスに対して抱く理想を形にするために全力でサポートします。

導入フェス続々!

Wild Bunch Fest 2019
りんご音楽祭2019
FM802 RADIO CRAZY 2019
SYNCHRONICITY 2020
THE CAMP BOOK 2020

Features FESPLIの特徴

必要な機能は全て網羅

国内外の様々なフェス及びフェスアプリを体験した開発チームがフェスに必要な機能と活用シーンを徹底に検証。使いやすさと機能性の最大化を目指して設計しました。

低コストで導入可能

機能や構造をテンプレートすることでゼロからアプリを開発する時と比べると、圧倒的に低コストでアプリをリリースすることができます。継続利用ならさらに低価格で。

簡単な運用

専用の管理画面でアプリを簡単運用。プッシュ通知、ニュースの更新、出演者情報のアップデートも直感的かつスピーディーに。

収益はアップ、コストは削減

アプリによって協賛バリューの向上や、グッズ、有料サービスなどの利用率の増加などにより収益のアップが期待できます。制作物や運営を最適化することによりコストダウンにも貢献。

オーディエンスインサイト

マイタイムテーブルの登録者数や、グッズやブースの閲覧数などをユーザーの利用データを数値で確認することができます。ブッキングや当日の運営、在庫管理等にも役立てることが可能です。

充実したサポート

ストアでの配信から、管理画面の使い方、当日の運用アドバイスなど、アプリ導入による効果を最大化するために専任チームが徹底サポート。

アプリの機能

フェスアプリに基本的に必要な機能を揃えたiOS・Androidアプリと、アプリに表示するタイムテーブルなどのコンテンツの入れ替えがおこなえるWeb管理画面をパッケージとして提供いたします。

コーディングは不要、管理画面で情報を入力するだけで、アプリを作ることができます。

iOS Android
ラインナップ
アーティスト詳細
インタラクティブマップ
スポット詳細
オフライン利用
スポンサードコンテンツ
タイムテーブル
プッシュ通知
マイタイムテーブル
マイタイムテーブルのシェア
インフォメーション表示
ニュース配信

Cases 導入事例

りんご音楽祭2 019

マイタイムテーブルの登録者数から各ステージの混雑状況を予測し、運営スタッフを適切配備することで円滑な運営を実現。さらにフェスの期間以外にも関連イベントや関連情報を発信することでオーディエンスと継続的にコミュニケーションを図る場としても活用。

FM802 RADIO CRAZY 2019

アプリのオリジナリティを高めるために、起動時にアニメーションを導入し、アプリの各所にイベントのキャラクターを配置。また協賛企業のバナーエリアの設置や協賛コンテツの導入の検討など、アプリを通じた収益化も積極的に推進中。

2日間の参戦でしたがお気に入りのアーティストの出番15分前の通知や、天気情報、マップや公式グッズの在庫状況など、とてもありがたかったです。来年ももちろん参戦したいし、このアプリも活用したいと思ってます!

タイムテーブルとか自分で組み合わせれたりアーティストのページから曲聴きに行ったりSNS見に行けるの良かった。マップも分かりやすくて自分が居る位置も分かって助かりました。公式グッズの販売状況もしらせてくれてよかったです。
なにより、天気を知らせてくれるのは驚いたし特に良かったと思います!

マイタイムテーブルが作れたり、雨のお知らせ、詳しいマップは現在地までわかる仕様になっていてるし、さらに会場でスマホの回線が悪く中々ネットに繋がらないなか、このアプリはすぐに確認できてとても助かりました。また来年もお願いします。

めちゃくちゃ使いやすかったです! 当日回線がスムーズじゃなくてTwitterもInstagramもLINEも調子が悪かったしなかなか開けなかったのにこのアプリはめちゃくちゃ早いし、お知らせもちゃんと来るし、すぐ開けてタイテが見れて非常に便利でした! マップで現在地からその場所までの距離を教えてくれるのもめちゃくちゃ便利で有難かったです! またタイテの現在時間を表す赤線も見やすくて分かりやすくてすごい良かったです!

タイムテーブルでチェックしたアーティストの時間になると通知が来るし、マップが細かく表示されてるし、今までよりもほんと便利でフェスを楽しめました。また来年も期待してます!

これは使える! マップで自分のいる場所が分かるから初めての会場でも迷子にならない。タイムテーブルも見やすくて良い。全てのフェスでも、こんなアプリがあれば良いのに。

すごく使いやすかったです!これからも続けて欲しいです!!アプリの存在を知るのが遅くなったのでもっとたくさん宣伝していいと思います!あと、もしできればなんですがマイタイムテーブルをそれぞれの機種に合わせてロック画面にできるようにして欲しいです、、、。3日間運営さんもお疲れ様でした!

Flow 導入の流れ

最短1ヶ月でストアでの配信が可能です。

01

仕様・スケジュール決め

開催日までのスケジュールを考慮し、開発する機能、色、アイコンや画像などのデザインを打ち合わせをふまえて決定します。

02

デザイン、開発

アプリにデザインを反映し、追加機能の実装をします。お客様のデバイスにプロトタイプを配信し、フィードバックをいただきます。

03

管理画面からコンテンツを登録

アプリに表示するアーティスト、タイムテーブル、マップ、スポットを管理画面から登録し、アプリで実際に動作を確認します。

04

アプリをストアに申請

開発したアプリをApp Store / Google Playへ申請・公開をします。
Spincoaster社から公認アプリとしてリリースすることも可能です。

05

当日の利用

来場者にアプリをダウンロードしてもらい快適にフェスを楽しんでもらいます。プッシュ通知などアプリの機能を活用していただけるよう、マニュアルをお渡しします。

メディア掲載

Real Sound

“フェスアプリ”海外と日本の大きな違いは? 開発者2人に聞いてみた

Real Soundにて、開発者の2人が海外フェスのアプリ事情、メディアとしてのフェスアプリについて語っています。ぜひご覧ください。